スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

もう2月・・・

もう2月です。

きちんと日記を書こうと思っていたのに・・・。


今日はえちともの支援学級のお友達の事件の話。

えちともが通っている支援学級は、知的障害と情緒障害の2クラス。
えちともは情緒障害の方で、こちらには2年生の先輩がいます。

知的障害のクラスはひとりで3年生。
だからえちともが2年生になると、たぶん1クラスになります。

2年生の先輩といっても、えちともは先輩とは思ってないんです。
「友達が遊びにくる」という言い方をするので・・・。

その2年生はどうして支援学級にいるのかわからないくらいしっかりした子。
ただ、自虐行為が激しくて暴れることがあるとのこと。

まあ、えちともと同じ自閉症かADHDかそんな感じ。

普段はいっしょに遊んでいるのですが、
ついこの間、えちともが入学して初めて大暴れしたそうです。

えちともも何が起こったかわからず、泣いたって言ってました。

普段とてもおとなしいし、暴れるなんて想像がつかない感じなので、
えちともはびっくりしたのでしょう。

もっともその子も、自分でどうしてそうなるのかわからず、
暴れたあとはすごく落ち込んでいたそうです。

薬を毎日服用して、そういう発作を抑えているようです。

えちともも薬を処方されているのですが、飲ませていません。
えちともは暴れることはなく、走り回るだけなので・・・。

こういう事件に遭遇すると、えちともも困ってしまったようで、
次の日、学校を休みました。

でも、今はまたいっしょに遊んだりしています。
意外と適応性が早くなった気がします。



いろいろな子供がいるんですよね・・・。
それを理解してもらうのはとうてい無理な話・・・。

ただ、理解はできなくても受け入れてくれる社会になってくれたらなと思います。

えちともが大人になって、自分で働いて食べていけるようになるには、
どうしても社会の理解が必要なんですよね・・・。



スポンサーサイト
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。