スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

中学校生活

さて、えちともの中学校生活がスタートして、

もう3ヶ月が過ぎようとしています。

特別支援学級の住み心地はというと・・・。

親の私から見れば、とても住みやすい環境だと思うのですが。

なんといっても、先生が3人。

3年生が2人いるので、そちらに先生1人。

あとは2年生とえちともにひとりずつ。

母学級と呼ばれる1年3組に行くときには、

必ず先生がついてきてくれるようで、

それがいいのか悪いのか、えちともは1年3組になじんでいるのか。

まあ、本人がそれを望んでいない感じですが・・・。

母学級にいくのは、体育と技術と総合の行事など。

勉強はほとんど支援学級で、その子の理解度に応じてという感じ。

小学校の復習という感じなので、数学は楽勝???

国語は難しく、英語はまだ始まったばかりなので???

他の教科もそれぞれ単独で教えてもらう感じで・・・。

ただひとつ、えちともにとっての難関は、自分のことを自分ですること。

小学校のときは、周りの子が給食の用意とか手伝ってくれたけど、

支援学級は、時間がかかってもいいから自分でできるように!

これは生活力をつけるということなのでいいのですが、

いままでそういう点で楽してたえちともは大変かも・・・。

支援学級に入ることで、いじめにあったりしないかな?

なんて心配したけど、これは大人の偏見みたい。

子供たちは、ちょっと違う子・・・くらいの認識みたい。

もっとも、小学校から持ち上がりの子が半分以上いるので、

えちとものこと、みんなわかってくれてるからかもしれないけど。

お姉ちゃんも、えちとものことでいじめられたりしないかな?

なんて思ってたけど、いまのところそれもないみたいだし。

いろいろ考えてたけど、思ったよりすんなり中学校生活は過ぎていってます。

とはいっても、もう5日くらい欠席したけど。

頭が痛いとかおなかが痛いとか・・・。

まだまだ精神的についていけない部分があるようです。




スポンサーサイト
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。