スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

普通学級と特殊学級の違い

さて、小学校の普通学級と特殊学校の違いは何でしょう・・・。

私の住んでいる地域の小学校は、一クラス33人までと決まっている。
33人に担任がひとり。これでは、えちともにかまってもらえるわけがない。

特殊学級は、一クラス8人まで。比べただけでも雲泥の差である。

最後までなんとかならないかと教育委員会に交渉したが、
教室がないとか予算がないとか、いろいろ理由を並べられた。
まあ、他にも同じ学校に行きたい子がいればもう少し頑張れたかもしれないが、
そのへんは個人情報だからということで、全然教えてもらえない。

後で聞いた話だが、同じ地区に特殊学級に入れたいと言っていた子供が
何人かいたようだ。でも、その子達は別の小学校の特殊学級に入ったそうだ。

もっとも、我が家のように姉弟を同じ学校に入れたいというのは少ないのかもしれない。
私も悩んだ。えちともが原因でお姉ちゃんがいじめられたらどうしよう・・・と。
でも、うちの娘はそのへんのところはまったく無頓着で、
「いっしょに小学校行こうね」とえちともに言いきかせてくれていたので、
えちとももそんなもんだと思っていたようだ。
ここでも、お姉ちゃんに助けられた・・・。

特別な支援が受けたいなら、別の学校の特殊学級に入ってください。
そうでなければ、普通学級でほかの子と同じようにしかできません。

義務教育だというのに、毎日送り迎えして!!とでもいうのか・・・。
それでなくても、将来のことを考えると少しでも蓄えが必要だ。
そのへんの保障があるのなら別だが、このころのえちともは、まだ「自閉症」という
診断がついていたわけではなく、「発達遅延」という病名だった。
これだと何の支援も受けられないのが現状だった。

子供のために頑張ろうとしても、なんて親なんて無力なんだろう。

とにかく、小学校入学前にいろいろやれることをやるしかないと思った・・・。

スポンサーサイト
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。