スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症の特性???

先日テレビで、ベストハウス123という番組を見た。

サヴァン症候群の方の話で、天才的な特性を紹介していた。

サヴァン症候群(-しょうこうぐん、savant(仏語で「賢人」の意) syndrome)とは、知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指す。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そのなかで、あは体験の先生・・・名前がわからないけど、
その方が、「変わっている人なのではない。脳の個性なんだ」
とおっしゃっていたのを聞いて、そうだな・・・と思った。

円周率を5万桁(?)覚えている人や、
景色を後で思い出して、きっちり描写する人、
そして、レインマンの主人公のモデルになった人が紹介された。

その方たちはサヴァン症候群で自閉症の方々で、
でも、特異的な才能のおかげ(?)で日常生活の不便さを克服(?)している。
うまくは言えないけど・・・。

その番組を見ながら、えちともの持っている自閉症特性について
少しだけ考えてみた・・・。

えちともは、ある分野においては天才的な記憶力がある。
一番すごいと思うのが地図。
1度行ったことがあるところは、地図を見て通った道がわかったり、
地図を見て覚えた道を実際走ると、どこをどう走っているのかちゃんとわかる。

どうしてこんなことを書いておこうと思ったかというと、
先日診察に行ったときに、得意でないことを頑張らせるのではなく
得意なこと、好きなことをとことんやらせたほうがいい・・・
と先生に言われたからかもしれない。

どうしてもできないものをできるようにしてあげたいと思うが、
頑張ってもできないものがある。
逆にそれがストレスになり、できるものもできなくなる。

だから勉強しなくていいというわけにもいかないが、
すべてを同じようにやろうとしても無理だということ。

だとしたら、地図が好きなら社会科は頑張れるかなとか、
時計が好きなら、算数は頑張れるかなとか、
得意なもの、好きなものをのばしてあげる学習の仕方を考えたほうが、
えちともにとっても、私にとっても、先生にとってもいいのかもしれない。

えちともは、知的障害のあまりない高機能自閉症との診断である。
でも、その判断は総合的な判断であり、
できるものは教えなくてもわかるし、
わからないものはいくら教えてもわからない・・・。

そういうことをすべて受け入れて、自閉症特性を考えながら、
えちともが生きていくのに、住みやすい環境を作ってあげたい。

先日書いた新しい医者についても、
どうすることが一番いいのか、それを何とかしてやるのが
えちともにしてあげられる唯一のことなのかもしれない。

生きにくいとえちとも自身思っているのかもしれない。
どうしてみんなはできるのに、僕はできないんだと思っているかもしれない。

でも、それをすべて背負ってえちともは生きていくわけで、
だからせめて、その負担を少しでも軽くしてやる手段を考えないといけない。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

タグ : 自閉症 特性

お医者さん探し

小児科って何歳までなんでしょうね・・・。

昨日外来の診察でしたが、これからの進路について
少し先生とお話していたら、
今やっている作業訓練(OT)も、外来診察も
小学6年生までです!って言われてきました。

今通っているのは、県の療育センターなのですが、
確かに予約をとるにも、3ヶ月待ちみたいな感じで、
作業訓練も、月に1回から2回予約がとれればいいかな。

うちの息子以上に、支援を受けなければならない子がたくさんいる。
だから、先生の判断で、他のお医者さん見つけてください・・・って感じ。

だから、中学になってから通う医者を探さないといけなくなりました。
それでなくても、変化を嫌うえちとものような自閉症の子に、
別の医者を探してください・・・と簡単に言ってしまう行政のあり方。
いつもいつも、食い下がってみますが、うんと言うわけはありません・・・。

高機能自閉症って、子供に限った病気ではないので、
小児科の管轄を出て、次はどこに行くと思います???

よく考えればわかるのですが、今度通うのは「精神科」。

小児科は子供がいろいろな病気で来てますが、
精神科と言うと、イメージが大人の病気。
そこに子供を連れて行かなければならない。

風邪をひいても病気であれば連れて行ける小児科と、
そういう心の病気しか扱わない精神科
全然世界が違う感じがします。

確かに今行ってる療育センターは、
それこそ車椅子の子なんかが訓練に来ていて、
そういう子が優先なんですが、
訓練は小学校までなのは納得しても、
外来くらいいいじゃない・・・。

それも、精神科を探さないといけないなんて・・・。

まあ、情緒障害という位置づけなのでしょうがない。
わかっていても、どこか受け入れられないでいます。

定期的に診察してもらうお医者さんだし、
環境の変化を簡単には受け入れてくれないえちともですから・・・。

まあ、いつかはやってくるとは思っていましたが、
中学進学のためにいろいろ学校や教育委員会と
話し合わないといけないし・・・。

これから、ちょっとずつ精神科について調べていこうと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

タグ : 自閉症 外来 小児科 精神科

今日は外来の診察日

3ヶ月に1度くらい、療育センターの発達相談の先生に
診察してもらうのですが、今日がその外来日。

午後からなので本当は学校に行ってもいいのですが、
私も仕事を休んでしまったので、えちともも休み。

今週末は運動会で、今週は運動会の練習や準備なので、
実はえちともは毎日が憂鬱なのかもしれません。

自閉症のえちともにとって、あんなに人の目にさらされる場面は
どんなにストレスがかかるかわかりません・・・。

もっとも、自閉症にもいろいろあるので、
人なつこくて、そちらが心配と言うお母さんもいますけど。

えちともは6年生なので、100メートル走と騎馬戦と団体競技。
あとは係の仕事もあるようで、これは大変かな・・・と思ってます。

去年は結局100メートル走以外は見学してました。
それでいいと思うんです。
人に迷惑かけたくないと言う気持ちが人一倍強いので、
えちともは団体競技は無理・・・。

最初からはずしてもらっていいと思うのですが、
先生としては、最初から仲間はずれにはできない。
学校生活の難しさですね。


そういえば、発達相談に行く療育センターですが、
月に2回くらい訓練にも通っています。
OTと呼ばれる作業訓練ですが・・・。

発達障害のある子供向けに、
PT、OT、STと呼ばれる訓練があるんですが、
漠然と受けていただけで、実際どんなことなのか
いままであまり考えてませんでした。

療育センターの訓練は小学校までで終わりですが、
これから自閉症と向き合っていくのに何が必要か、
もっといろいろ調べてみないといけないかもしれません。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

テーマ : 障害児と生きる毎日。 - ジャンル : 育児

タグ : 自閉症 発達障害 外来

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。